« 雨の日曜日 | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

2011年5月30日 (月)

精油の香る場所

110418_07430002_2 白いアレンジの花束。これは、今年の4月のバレエの発表会の時に、生徒さんから戴いた花束です。とても素敵でした。本当にありがとうございましたheart02

白いお花は、実は以前はとても苦手なお花でした。
結婚6年目のある日、まゆゆ~のは右卵巣を切除しました。術後に医師から「かなりの痛みだったかと思いますよ。陣痛に匹敵するほどの・・・」と、説明を受けたことを思い出します。
いつもの痛みかと思っていたある夜中、それはいつも通りには治まらずに、夜中2時過ぎに、ついに救急車をお願いするほどの激痛になって・・そのまま市立病院に行き、翌日の9時過ぎまで、原因が解らず・・・結局卵巣は破裂しておりました。
それは、痛いでしょう~crying ・・・長い夜でした~sweat02
それから10日あまりの入院を経て(友達の看護師さん曰く、早すぎる退院だそうです。病院が嫌で「どうしても~!」と無理やり退院したのです)退院後、今度は大きな夫婦の危機があって、離婚騒ぎ・・・大変な日々でしたheart03coldsweats01
その出来事のちょっと前に、初めて買った白いシクラメンannoyがやけに印象深くて、それがトラウマになったようです。

ロサ・デコルさんのショップで、とても素敵な白いお花を見たとき、弓ちゃんからもお勧め戴いて、思い切って購入~それからは、白いお花が大丈夫になったのでした。今では白いお花は、大好きな ひとつ になっています。(ありがとう~弓ちゃん)
人は簡単に、トラウマや、心の傷になったりするものなのですよね。
それは、きっとその人自身が決めたことなのだろうと思うのですが・・ね。人間の心のひだ・・計り知れないものがあります。

でも・・癒されない傷はないのだろうな~とも思っています。

110529_08030001 雨の日、玄関のやさしいバジルの香り~ トイレの爽やかなスペアミントの香り~リビングでのフラゴニア(ティートリーの一種です)の清々しい香り~clover
それぞれの場所で頑張ってくれる精油の香りに癒される日々です。
私の心の傷も、この純粋な精油のエネルギーで、癒されていったことは確かな思いでいます。
今の自分のしあわせを思う時、やっぱり、この植物の力は本当に欠かせない存在だったのだと感じられるから・・・。
このやさしい精油の香りは、人の脳に届き、必要なホルモンを分泌して、必要な働きをしてくれます。

最近では、
訪れてくれた数時間で、花粉症が癒された方や、その服についた香りが良くて~ジプロックしたいほどだった~と告げてくれる方々に、またこちらこそしあわせにして戴いております。
「どのくらい使っていけば、先生のお宅のようになりますかん?」そう聞いて下さる生徒ちゃん。
精油はその場のエネルギーの調整をしてくれますから、居る方々が、やさしく穏やかに生活していれば、きっと 直ぐにでも 素敵な香りを漂わせてくれることでしょう~wink

いやぁ~精油って、本当にすごいですねwink(←水野晴夫風)

今夜は、ゆったりとベルガモットの気分です。

明日は、少しはお天気 回復しますかしら?
まぁ~雨でも、曇りでも、晴れでも、良い1日を過ごしてゆきたいと思います。
かろやかに~~かろやかに~~~shineshineshine

読んでくださって~ありがとうございます。
素敵な1週間をすごしてゆきましょう~~~shineshineshine

|

« 雨の日曜日 | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

aroma」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1005720/40176737

この記事へのトラックバック一覧です: 精油の香る場所:

« 雨の日曜日 | トップページ | 梅雨の晴れ間 »