« さくら | トップページ | おめでとう☆ »

2011年3月24日 (木)

あったかくな~れ~

110308_09310001 ほぉっておいたのに(お水だけはあげていましたが・・)再び咲いてくれた、我が家の、ランちゃんです。
ランは再び咲かせるのは難しいと、聞いたことがありましたので、ちょっと驚きました。
でも、美しく咲いてくれるその姿を見て、とても勇気ずけられます。
植物の力強さ・・・。何だか 絶対に大丈夫!って、お腹に力がはいる感じがします。

昨日は、寒く感じる1日でした。
車の外気温を示す数字は、8℃を示し、家のエアコンも節電していて、控えめにしていますから、よけいに寒く感じたのかもしれません。
「寒い」だけで、こんなにも、身体も心も縮こまっちゃうものですね・・・。
被災地では、灯油など足りているのでしょうか?TVからの情報は、「まだまだ不足~」という言葉が耳に残ります・・。
どうか・・被災地の方々が、少しでもあっためられますように~~~。

H先生のブログで、伊豆のワンちゃんと泊まれるペンションで、被災地のワンちゃんずれのご家族を数組お受けしているということを知りました。
ここのペンションは、以前 「ワンちゃん研修会」を開催して戴いたペンションでもあり、私もこのニュースを見ていました。
そこのホームページでのオーナーさんのコメントを転載せさせていただきます。

被災者の中には、犬のリードを外し一旦避難をしたが、どうしても諦めきれず、泣きながら徒歩で引き返し置いてきた犬を探したが見つからなかったという人も・・。
人命も大切です。 でも、家庭犬で育った犬や猫が一人で生きていけるでしょうか? 
被災に遭われ、心に傷を持った人達から愛するペットを引き離す事が、どんなに苦しい事か・・・ 
大きな避難所には自衛隊や愛護団体・ボランティアの方々が行ってくれています。 
しかし、小さな避難所には救援物資も届いていない状態。 
わんこを置いて避難できない人は、壊れた家で寒さに震えながら、わずかな食料で命を繋いでいます。 
わんこも茹でていないパスタをかじっているとの事。 三日も四日もご飯を食べていない人も動物も・・・。
私たちは決断しました。 無料で被災者を受け入れる事を! 
一家族でも多く救いたい!! 一匹でも多く家族の側で暮らさせてやりたい。 
ペット宿を営んできて11年。 これからが私達の恩返しかもしれません」

被災地の様子を見せて戴くにつけ、落ち込んでしまうのですが、こうしてそれぞれのやさしくてあったかい思いを・・また世界中からのエールや、人命の救助の話題には、また、心温まる思いを感じさせて戴いております。
今回の大震災・・・大きな傷跡を負った日本ですが、ひとりひとりがこの危機をまえに、それぞれのあったかい愛を思いだしてきている・・・そんな感覚もあります。
(H先生~メッセージをありがとうございます。毎日、本当に助けられています~☆)
被災地の方が、復興の為に頑張る!!のだと前向きな力強いコメントをTVで見させて戴くにつけ、私たちが力づけられます。

時間が経つにつれて、様々な問題が浮上しています。

どうか・・・
被災地のみなさんが、心も身体も、あったかくなりますように~~~
ひかりに包まれますように~~~

今日も、多くの方々が救済の手と繋がって下さることが、できますように~~~shineshineshine

明るく、元気に~過ごしましょう~~~heart02heart02heart02

|

« さくら | トップページ | おめでとう☆ »

aroma」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1005720/39347539

この記事へのトラックバック一覧です: あったかくな~れ~:

« さくら | トップページ | おめでとう☆ »